a lit

May 21
Permalink
ソフトウェアに限った話ではないが、「傍観者にならず当事者意識を持って行動すること」が、色々な意味でとても重要だと思っている私である。
Jan 03
Permalink
そして、決心した通りにできなかったことも書いてしまうことが一番大事です。
Nov 22
Permalink
究極の未来を読むのは実はそう難しいことではなく、近未来を自信をもって語ることのほうがよほど大変だということは、堺屋太一氏が指摘する通りである。
Permalink
Sep 01
Permalink
「一流の人が身近にいると自分も一流になった気がするけど、それは単なる錯覚に過ぎない」ということを認識するのは、自分を客観視する上で大事なことだと思います
Aug 29
Permalink
でも最近はあんまりハッカーにならなくていいなと思ってるんです。 (なぜかというと)メンテナンスし続けるハッカーはあんまりいない気がするんですよ。 新しいのを作って、みんなにすごいって言われて、 じゃぁ、次また新しいネタを思いついたからまたすごい勢いで作って、と繰り返していくので、 ハッカーの人って作った後にすぐどっかいっちゃうんですよね。 私はちゃんと続けてメンテナンスすることとか、続けていくことも大事だと思ってるんで、 (どこかに行ってしまうような)ハッカーになりたくないなっていうことに、最近ようやく気づきました。
Aug 15
Permalink
「ハッカー中心の文化を大事にしよう」といった話のうち、私が聞いた中でおそらく最も印象的だったのは、マーク・ザッカーバーグ(訳注: Facebook開発者)が2007年に起業スクールで言ったことだった。彼は「Facebookは早い時点から、人事やマーケティングのような、プログラムが主な仕事ではない職種についても、プログラマーを採用すると決めました」と言ったのだ。
Aug 10
Permalink
仙石 エンジニアに限らないのですが、「考える」ことができる人は、どの分野でも活躍できると思います。まずは「考える」習慣を。 また、その一方で思うのは、新卒の段階でも大きな差が付いてしまうという現実に危機感を持ってほしいですね。どうしたら「考える」習慣が身につくかについて、危機感を持って真剣に考えてもらえれば、だいぶ人生が変わるんじゃないかいう気がします。今はまだ、そんなに考えることの重要性は問われていませんが、近い将来、今の新卒くらいの人が定年になる前までには、考えることが重要になる能力中心の世の中が、好むと好まざるとに関わらずやってきてしまうと思います。
Aug 04
Permalink
堀江 それはアイデアが出る仕組みを作っているからです。自分の中でつねにアイデアが出るようにしている。
Permalink
ただし人数を最小にするといっても、最後に書いたメモは全社から見れるように社内グループで共有しています。というのも、僕と直接やり取りしている人だけが知っている情報を増やして、その人達の権威付けをしていこう、みたいな意図は全くなく、「仕事を効率化したい」という一心でやっていますので、僕が考えたことは誰でも読めるところに公開していて、興味があれば誰でも参照できるようにしています。